はがきデザインキットにExcel住所録読み込み

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
筆まめ住所録を直接読み込むと、表示がずれて住所一覧になりません
筆まめ住所録では、名前が姓名が分かれていませんが
はがきデザインキットでは、姓と名が別に取り込みになっています

※ここでは、初心者向けに解説しているので、簡単にできる方法にしてます
そこで、Excelで先に、筆まめ住所を編集してExcel住所録CSVと作成しておきます

そのExcel住所録をはがきデザインキット2019でインポートするれば、簡単です

 

初心者さん向けに、さらに動画でも手順を解説してます

はがきデザインキット2019 住所録の移行(筆まめ、Excel)

 

作業のフロー図、1、2については、先に作業を終わらてからになります

  1. 1:筆まめ住所録をCSVで保存下記ページ

    Excel住所録で姓と名をマウスのみで瞬時にわける

  2. 2:筆まめ住所録をExcelではがきデザインキット用に編集してCSV保存

    Excel住所録で姓と名をマウスのみで瞬時にわける

  3. 3:このページ解説になります、
    はがきデザインキットでExcel住所録読み込み(元筆まめ住所録)

     

1)

Excelで編集が終わった状態の、改変CSVの住所録があります

素材として、これをはがきデザインキットにインポート(読み込)していきます

 

2)

はがきデザインキット2019を起動して、上にある、「あて名面作成」をクリックです

 

3)

下図画面では、上にあるメニューから、「住所読込」をクリックです

 

4)
あて名面作成では、「CSVファイル読み込み」をクリックです

 

 

5)

保存先の画面が開くので、保存場所を指定して、赤枠
そして、CSVファイルを選択して、赤矢印
下の「開く」をクリックです、緑矢印

 

6)

次の画面が表示されます
ここで、氏名とフリガナは、あっていますが、
郵便と住所がずれているので、修正していきます

 

※補足
この画面おいて、読み込んだ内容表示が6個しかありませんが、
これで正解です、なぜなら、作成時点で、この6項目しか作成してません
ですので、フロー図で説明している、2の段階で、追加すれば増えます

あくまでも、超簡単にやり方を初心者さんに理解してもらうために
簡素かしています、なれれば、挑戦してみてください

 

7)

左側の郵便番号に対して、右側も郵便番号に変更しますので、
その、リスト表示をクリックして、赤矢印
メニューが表示されるので、郵便番号を選択します、赤枠

 

8)

同じように、左側の住所に対して、右も住所を選択します、
左右が同じ項目で揃っているのを確認してから、赤枠
下の「OK」をクリックです

 

 

 

9)

すると、住所録の読み込み作業が開始されるので、待ちます
※ここは、住所登録の件数が多いと、当然時間はかかります

 

10)

作業が終わると、あて名面一覧に、Excel住所録から読み込んだものが表示されます

 

これで、元が筆まめ住所録を、簡単にはがきデザインキット 住所録が完成です